FC2ブログ
多田洋子 青山ニットスタジオ-BLOG-
ニットの話や教室のお知らせなどを綴っていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
アイルランドの手芸の旅
 この夏は、アイルランドの手芸をテーマにアイルランドとイギリスの旅をしました。
 アイルランドは4回目ですが、最後に行ったのが8年前で、高度経済成長後どうなっているかなと思いましたが、少しも変わらず、ゆったりとしていました。
 アイルランドの手芸でアランセーターやアイリッシュクロッシェレースはよく知られていますが、Mountmellick Embroideryはあまり知られていません。でも真っ白な木綿の布に真っ白な草花が浮き上がった刺繍はとても素敵です。


P8200038.jpg P8200019.jpg
        Mountmellik 刺繍 (ダブリンの国立博物館所蔵)

 ダブリンの国立博物館のAlex学芸員からたくさんの資料を見せていただきました。


P8200116.jpg
アイリッシュクロッシェレース(アイルランド国立博物館蔵)


P8200118.jpg上の拡大写真


その後、ダブリンから鉄道(Portlaois駅下車)とタクシーで1時間半、Mountmellick博物館へ行きました。この博物館は刺繍の発生地であることから、その歴史を残そうとボランティアの協力で2年前に作られました。小さな博物館ですが、中で映画が上映され、Mountllimicck Embroidaryがどのようにしてできたか、わかりやすく美しい映像で知ることができました。刺しゅう用の本や材料も売っていてすぐにでも作りたくなりました。

P8210137.jpg
                                       博物館から川を望む 
P8210134.jpg
                          Mountmellick博物館の前で館員と  

そして帰りにイギリスで有名なアンティックマーケット、ポートベローによって、19世紀に作られたアイリッシュクロッシェレースのドレスの袖の部分、そしてMountmellickの刺繍を買うことができました。


P8230144.jpg
       ポートベローのアンティックマーケット



【2008/08/31 19:08】 | お知らせ | コメント(0)
<<チェックの見本生地をニットに | ホーム | 新しいセーターに!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

Yoko TADA

Author:Yoko TADA
多田洋子(YokoTADA)
---
青山で手芸教室を主催しています。日々の事や教室のお知らせなどを綴っていきたいと思います。
◎多田洋子 青山ニットスタジオweb

---
■略歴…
青山ニットスタジオ代表
和洋女子大学講師
服飾文化学会理事
(財)日本編物検定協会審査員
(財)日本編物手芸協会会員
アイルランド協会会員
日本服飾学会、服飾文化学会などで多数研究作品発表。
その他各団体などコンクールで上位入賞多数。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。