多田洋子 青山ニットスタジオ-BLOG-
ニットの話や教室のお知らせなどを綴っていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
夏でもツインニット
 暑い暑い毎日です。

そこでこんな暑い毎日に便利なアンサンブルを編んでみました。

インナーはゲージを粗くして涼しく着られるように綿糸で編みました。
ゲージは粗いものの実際に着用すると透けた感じはあまりありません。

電車やビルの中に入ると、節電中とはいえとても寒いです。
そのような時に便利なように、ラメ糸と縞にして上に着るカーディガンを編みました。



              アンサンブル上下



アンサンブル下 アンサンブル上



拡大 P7130480.jpg


PRAYER SHAWL

前回に続き送られてきた作品です。


IMG_0495.jpgIMG_0496.jpgIMG_0497.jpgIMG_0500.jpgIMG_0501.jpgIMG_0526.jpgIMG_0503.jpgIMG_0504.jpgIMG_0505.jpgIMG_0517.jpgIMG_0518.jpgIMG_0519.jpgIMG_0520.jpgIMG_0521.jpgIMG_0522.jpgIMG_0526.jpgIMG_0527.jpg


左よりななありす、同、同、同、大東真紀、同、同、同、太田友子、すなみ、同、同、同、齊藤章、同、同、名月かなさんの作品です。

  
スポンサーサイト
【2011/07/16 09:22】 | ニットの話 | コメント(0)
春のニット
日差しが明るくなってきて、
ニットも少し春らしいものを着たくなってきました。


素材を変えて3点仕上げました。




P2270321.jpg     P2270327.jpg

このアンサンブルは細いカシミアで編みました。
前身頃と後ろ身頃は鈎針(レース用)でしっかり編み、袖と裾フリルは編み機で編んで付けました。




P2270319.jpg     P2270320.jpg

素材は綿とウール、アクリルの混紡で、洗濯機で洗えます。
メリヤス編みでシンプルに編み、黒の糸とビーズで刺繍をしました。







P2270312.jpg     P2270313.jpg

素材はアクリル系ブークレーでとても軽い糸です。
Vネックにして、ネット編みをつけ周りは小さな花で仕上げました。




  
【2011/02/27 11:06】 | ニットの話 | コメント(0)
羽織る(はおる)ニット 
今年は、体を覆うニットが沢山出ています。
中にドルマン袖のようなものを着ていても、ゆっくり羽織れるケープのようなニットはとても便利です。

いろいろな用途に合うよう、4枚のマント、ケープを編んでみました。

                      

            P2040320.jpg
         これは長方形に編んだものに、ボタンとフリルをつけた簡単なケープです。




P2040315.jpgP2040316.jpg
          このケープは短い丈にして、手が自由に使えるようにしました。
          パイピングに着なくなった革を使用しました。

         


                  P2040318.jpg
このケープは長く編んだふたつの長方形を半分までとじ合わせ、こちらも使わなくなった毛皮を衿に閉じ付けました。



                       P2040312.jpg
このマントは防寒目的に作りました。かなり高いハイネックにし、伸ばすと耳まで隠れるようにしました。編み地もアストラカン風の糸をしっかりしたゲージで編み、丈も長めにしました。横にスリットが入っています。
【2011/02/05 09:11】 | ニットの話 | コメント(0)
残り糸でも…・
長い間編物をしているとたくさんの残り糸が出ます
そこでいつも残った糸は同じ色合いのものをひとまとめにしておきます。

今年のお正月休みは残り糸を使って
編みこみカーディガンジャケットを編みました。

残り糸なので気ままに編むことが出来ます。
少々色合いの違う糸どうしでも
間に違う色が入るとなじみます。


あまり毛糸
                 編みこみジャケット

衿に古いコートの襟をはずしてつけたら寒い日にも着られそうです。

【2011/01/10 21:28】 | ニットの話 | コメント(0)
ペ-パーヤーンで編んだ作品
以前、紙からの糸づくりを体験しましたが、
編めるほど量ができず断念しました。

そして今回、黒と白のペ-パーヤーンを見つけ早速編んでみました。

      
       ツインセーター

ツインセーター    

                                           拡大
                                                        カーディガン                            
                               刺繍


帽子                     糸2ペ-パーヤーン


素材が紙なので強度を心配しましたが、
編むことにより、よりをかけた状態と同じになり
かなり引っ張ってもOKでした。

洗濯も押し洗いでそのまま型崩れもなく
次回はドライで試してみようと思います。

着心地は涼しく温かく、そして軽くて
この夏は離せなくなりそうです。



      
【2010/06/20 18:47】 | ニットの話 | コメント(0)
| ホーム | 次ページ
プロフィール

Yoko TADA

Author:Yoko TADA
多田洋子(YokoTADA)
---
青山で手芸教室を主催しています。日々の事や教室のお知らせなどを綴っていきたいと思います。
◎多田洋子 青山ニットスタジオweb

---
■略歴…
青山ニットスタジオ代表
和洋女子大学講師
服飾文化学会理事
(財)日本編物検定協会審査員
(財)日本編物手芸協会会員
アイルランド協会会員
日本服飾学会、服飾文化学会などで多数研究作品発表。
その他各団体などコンクールで上位入賞多数。

カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。